病は気から

病は気から!?

病は気からと言います。

 

「病は気から」と言う言葉があるように、病気に
かかったとしても気の持ちようによっては病状などに
関わらず気力でパワーがみなぎって早く治ることがあります。

 

それは病気にかかっている最中はもちろん、
病気になる前だって同じです。

 

前兆としてなんか身体がダルいなぁ、気持ちが悪いなぁ、
風邪っぽいなぁと感じているときも気の持ちように
よってはそれがサラーっと解決することだってあるのです。

 

そんな前兆が出た時に私がオススメしたい
気の持ち方の方法は、とにかく笑うと言うことです。

 

体調が悪い、または悪くなりそうだと感じているときって
自然と気持ちも落ちてしまいます。

 

でも、体調が良い時って基本的に自然と笑っていることが
多くはありませんか?

 

だから、笑うことによって自分は元気だとあらゆる
神経に言い聞かせるのです。

 

気付いたときには身体が自分は元気であると認識し、
あまりの楽しさに自分も体調が悪かったという記憶が
なくなってしまうことでしょう。

 

笑い方は人それぞれ、例えば友人とどこかへ遊びに
行くのも良いでしょう。

 

テレビやYouTubeでお笑いやバラエティを見るのも
身体は休めることができるし良いかもしれませんね。

 

とにかくどんな方法であれ笑ってください、
少しはラクになるはずですよ。

 

次の日体調が復活するオススメ法

 

これをやっておくと次の日体調が復活するオススメ法とは。

 

誰もが多かれ少なかれ体調の悪い時ってありますよね。

 

特に一般的に多いのは風邪の症状で体調が
悪くなる事だと思います。

 

まだ病院へ行くほどでは無いし、むしろ病院へ
行って別の病気を貰ってしまうのもなんだか嫌ですよね。

 

まず出来る事は、市販薬があればそれを飲んで、
脱水症状にならないように水分は出来るだけこまめに
摂って下さい。

 

食欲があるなら、栄養のあるなるべく消化の良い物を
食べるのが良いと思います。

 

でもここまでは皆さん普通にされている事だと思います。

 

そこで私のとっておきのオススメ法です。
それは体のマッサージををする事です。

 

もちろん高熱や吐き気がなどで症状が
重くなってからはダメです。

 

「あれ いつもの体調とちょっと違うぞ。

 

これは風邪のひき始めかな。明日大丈夫だろうか」
程度の時にやってみてください。

 

風邪のひき始めは微熱が出て体の筋肉が硬くなり
血行が悪くなる事が多いと思います。

 

そこで首、肩、腕、足とマッサージをしてほぐしていきます。

 

それに加えて頭にもするとスッキリしますよ。

 

私は普段肩こりはしない方ですが、風邪の時は
なぜか肩から背中までかなり凝るので楽になるまで
しっかりと揉みほぐします。すると緊張も解け呼吸も楽になります。

 

そして一晩寝ると、風邪のひき始めはから
脱出できています。

 

血の巡りも良くなり呼吸も深くなり酸素が
取り入れやすくなるからかなと思います。

 

簡単に出来るので、ぜひ試してみて下さい。