体への負担軽減

体調不良対策の第一歩は、体への負担軽減!?

体調不良対策の第一歩は、体への負担軽減!?

 

自然界の動物たちは体調がおかしいと感じたら
どうすると思いますか?

 

まずは、安全なところで体を休めるのです。

 

ペットも同様です。うちの猫はクローゼットの中や
ベッドの下など発見されにくいところに潜り込んでひたすら
寝ます。

 

人間も動物なのですから、まずは休養が
一番大切と考えます。

 

ジムで汗をかくとか、サウナに行くとかでリフレッシュしようというのは
体調の良い時にすることで、体調がおかしいと思ったら、
まずは体への負担を軽減させることを優先しましょう。

 

睡眠をしっかりとることが基本ですが、忙しくてどうしても
十分な睡眠時間が確保できないという人は、
短時間でも自分に合った気持ちの良い寝具で
きちんと寝てほしいと思います。

 

ソファやこたつで何となく寝ちゃいましたでは
良質な睡眠はとれません。

 

明るさや音にも気配りが必要です。

 

照明やテレビをつけたままでは脳が反応してしまい
眠りが浅くなりがちです。

 

私自身、テレビを見ながらいつの間にか寝てしまうという
習慣を改善してから、ぐっすり眠れるようになったと感じます。

 

また、お酒を飲んで寝るというのもお勧めできません。

 

私も以前は寝つきが良くなるからと寝る前に
少しお酒を飲んでいましたが、一寝入りすると
目が覚めてしまうことに気付きました。

 

アルコールを摂取すると睡眠中体温が下がらず
眠りが浅くなってしまうということを知り、
それもやめました。

 

「お風呂上がりのお酒が一日の楽しみ」という方も
多いと思いますが、体調が悪いと感じたときは
控えた方が良いかと思います。

 

食事についても、胃に負担をかけないように気を
配ることが必要です。

 

スタミナをつけようとするとつい高カロリー・高脂質なものを
選びがちになり、胃に負担をかけてしうことがあります。

 

また、食欲がないからさっぱり食べやすいものをと
麺類を選ぶ人もいらっしゃるかと思いますが、
麺だけをするするっとよく噛まずに食べてしまうと
消化によくありませんし、たんぱく質も不足しがちです。

 

消化の良いものをよく噛んでバランスよく食べることで、
胃に負担をかけずしっかり栄養を取るようにしたいものです。

 

でも、これらのことを実践しても体調不良が
続くようでしたら、必ず医師の診察を受けましょうね。

 

体調がおかしい時は無理に行動しないことが基本

 

私は常に健康な体を作って生活をしているつもりでした。

 

しかし急に体調がおかしいと感じて仕事を休みました。

 

その時は歩くことが困難で頭も非常に痛かったのです。

 

結果的には動かないで休むような形になりました。

 

体調がおかしい時は無駄な動きが危険な状態を
引き起こします。

 

しかし私は食事をしないと更に体調が悪化すると
思いました。

 

その時は体に優しい料理を食べて回復を待ちました。

 

具体的には市販の野菜や肉類を食べていました。

 

やはり体力がないと体調がおかしくても治らないと
思ったのです。

 

私は食事の後には必ず軽い運動を
するようにしていました。

 

しかし体調がおかしい時はそれを止めて
直ぐに寝ました。

 

すると体が重くなったので運動も大事だと
感じたのです。

 

それからは体調がおかしい時に少し運動を
するようになりました。

 

運動は簡単な感じで無理をする必要は
なかったです。

 

また体調がおかしい時は外で運動をすることを
避けるべきです。

 

私は過去に外で運動をして体調不良が
悪化した経験もあります。

 

体調がおかしい時は食事をすることを
止めないのが良いです。

 

人間の体には栄養が必要なので食事は
大事だと思います。

 

また油の多いものを食べると体調不良にも
悪い影響があります。

 

ここではお腹の調子も考える必要があると
思いました。